FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

試合数や終了回について

ベストプレープロ野球を一からデータ入力したりする中で、選手の情報なんかは
意外と集まりやすいんですが、試合数とか、リーグ自体の公式設定をはっきり
させようと思うと、書物に頼らざるをえません。

今日は、そんな設定の中から自分が参考にしているデータを掲載します。

 試合数/試合形式 
年度 外国人枠

1986

130/9回以上

(時間制限あり)

130/9回以上

(時間制限あり)

2

1987

1988

130/12回

130/12回

1989

1990

130(引き分け再試合)

/15回

1991

1992

1993

1994

3

1995

1996

1997

135(引き分け再試合)

/15回

135/12回 

1998

4

(野手2投手2)

1999

2000

2001

140/12回

140/12回

2002

4

(同時出場4)

2003

2004

138/12回

133/12回

2005

146/12回

136/12回

2006

2007

144/12回

144/12回

2008

 

 











































※2004年はストライキにより2試合減


外国人枠があるために、そこにこだわるかどうかで入れ替えなんかもリアルに
再現してる方もいるんでしょうね。自分は一応野手16人固定のつもりでデータ
作成するんで、外国人枠は重要なんですね~
ただ、ベストプレーに適用するためにピックアップした数字なので、同時出場
3人とかはCOMでプレイすれば当然無視されちゃうんで本当の意味では正しく
ないところもあります。

上表の試合形式ってところは、9回を超えて何時間経過していれば延長なし、と
いったことを簡潔に表にしてしまってます。
90年から2000年のセ・リーグは再試合制なので、各チーム試合数が異なっています。

しかしブログにテーブル載せるのって意外と難しいですね。。調整に時間が
かかって大変だった(笑)

スポンサーサイト

ベテラン打者

昨日のプロ野球、ベテラン打者が大活躍でしたね。

1試合3ホーマーを2人がやってのけました。

そうです、阪神金本選手と日本ハム稲葉選手です。

お二人とも35歳オーバーで、選手それぞれの能力もあるでしょうが
大変失礼ながら、一般的にはピークを既に越えていると言われる
年代に差しかかっておられます。

しかしながら、あの昨日の大活躍。自分は数分に圧縮された
ニュースでしか見ていないんですが、春先のピッチャー有利と言われる
ペナントを占う大事な時期にこの素晴らしい活躍、お二人とも故障なく
シーズンを戦い抜かれることを期待したいですねぇ。

韓国戦

はぁぁ。。

韓国戦…ダルビッシュ選手が投げたのに負けましたねぇ。。

せっかくキューバに勝ったのに…
ほんとに世界大会になると詰めが甘い感じだなぁ。。

城島選手のリードは初回外中心だったらしいですね。

楽天野村監督に「言わんこっちゃない」とか言われてそうですね。。
キューバにもう一回勝って今度は韓国戦しっかりして欲しいものです…

日本の各個人の技術レベルは高いはず!!
次回キューバ戦、頑張って下さい!!

テーマ : プロ野球
ジャンル : スポーツ

ケン・グリフィーJr.

あんまり最近はメジャーとかほとんど見てないし、ニュースも見てない
んですが。。グリフィーさんまだ現役バリバリだったんですね~

昔からメジャーの選手は息の長い名選手は多かったですが。

お父さんと同じチームで(シアトル・マリナーズ)1年か2年プレーしてる
2世選手です。
まだ当時のグリフィーJr.は体の線も細くて強打・豪打の選手ではなかった
ですね。

同じ2世選手でもバリー・ボンズ選手は当時既に強打で鳴らしていましたが。
(お父さんはボビー・ボンズ)

まぁ、そのケン・グリフィーJr.も強打の選手としていち時代を築いて昨年も
まだ18本塁打を放って強打は健在の様です。
2009年はイチローさんのいるマリナーズへ帰るようなので、日本でもその
存在がクローズアップされるぐらいに活躍して欲しいですね。

ドクターK

マントはおったお医者様じゃないですよw

昨シーズン限りで引退した野茂英雄投手のことです。

球界史上最多の8球団による競合の結果近鉄バファローズに入団した投手です。
1990年入団、その年最多勝、最多奪三振、最優秀防御率、最高勝率などの投手タイトル
を総ナメで獲得しました。

その野茂投手がドクターKとしての第一歩、初勝利を挙げた日のダイジェストが
この映像です。
当時のオリックスはブルーサンダー打線として当時のパ・リーグ随一の破壊力を誇って
いました。ベテラン、若手の区別なく野茂投手のフォークにきりきり舞いしているの
がわかります。
わかっていても打てないフォークをご堪能下さい。絶品です。


『野茂1試合17奪三振で初勝利』



テーマ : プロ野球
ジャンル : スポーツ

Robot

Yahoo!ボットチェッカー Googleボットチェッカー MSNボットチェッカー

Linklist

最新記事
カテゴリ
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ただいまの時刻は。。
月別アーカイブ
BookMark/RSS追加

My Yahoo!に追加
Visiter
Links
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新コメント
Yahoo!ログール
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。